プティレアージュ公式サイトへ

乳酸菌はなぜ美肌にいいのか

肌は「内臓の鏡」と言われるほど、内臓と深い関係があります。

とくに、腸内の悪玉菌が増えると美肌の維持が難しくなることがわかっていて、「腸年齢」があるように、腸の健康は若さや美容を維持するために欠かせない要素といえます。

生まれたばかりの赤ちゃんには悪玉菌がいないといわれ、母乳を終えて様々な食べ物を食べるようになると、人の腸内バランスには大きな差が出てきます。
さらに、加齢、ストレス、不規則な生活によっても、腸内の善玉菌の数はどんどん減ってきてしまい、悪玉菌と善玉菌のバランスは傾いてしまうといいます。

腸の中が悪玉菌ばかりでは、化粧品などを使って与える美容成分がしっかりと吸収されず、本来の力を発揮できないため、せっかくの化粧品も無駄になってしまいます。

また、ニキビや肌荒れの原因である便秘も腸内環境の乱れが原因ですので、美肌つくりには腸内環境は整えることが重要になります。

そこで、取り入れたいのが乳酸菌です。腸内環境を整える整腸作用がある乳酸菌は美肌つくりに大きく貢献することがわかっています。ただ、乳酸菌には即効性 はありません。そのため、継続する必要がありますが、継続して乳酸菌を摂取し、腸内環境を整えることで「腸年齢」を若返らせ、便秘を改善し、美しい肌を手 に入れることが期待できます。

最近では、乳酸菌配合化粧品が注目を浴びています。
これまで、乳酸菌は体内から美しい肌を保つものだといわれてきましたが、直接肌に塗ってもしっかりと美肌効果を実感することができるのです。

では、次のページでは、化粧品成分としての乳酸菌の効果についてご説明します。

ページのトップに戻る