プティレアージュ公式サイトへ

血清アルブミンって何?

【ラクトフェリンとは】
ラクトフェリンは、1939年にデンマークの科学者によって発見されました。
成分名は、ラクト=ミルクで、フェリン=鉄に由来して名付けられたといわれています。鉄と結合しやすい特性から赤みがかった色をしているため「牛乳の赤いたんぱく質」とも呼ばれていました。

ラクトフェリンは、私たち人間を含む哺乳類の乳や、だ液、涙、血液(白血球)のほか、牛の乳(生乳)にも含まれていますが、なかでももっとも多いとされる のがヒトの出産直後の初乳です。その濃度は牛の初乳の約10倍もあり、母乳中のたんぱく質の約10%〜30%を占めるほど豊富だそうです。

【ラクトフェリンの働きとは】
ラクトフェリンのはたらきについてはまだはっきりと解明されていないところも多いのですが、腸ではたらくと言われています。これは、小腸にあるラクトフェリンを受取る部位に届くと考えられていえて、また、一部は大腸に入ってビフィズス菌に役立つことがわかっています。

他にも、ラクトフェリンはこのNK細胞を活性化する働きがあります。NK細胞は常に体内の血液中をパトロールして、何か異変を見つけるとその場で処理をします。
ラクトフェリンで、NK細胞を活性化させることにより、免疫力アップに効果があると考えられていますが、体の健康だけでなく、健康的な肌を保つためにはち免疫力を高めることがポイントとなるので美肌作りにとってもこのラクトフェリンの働きは重要です。

ラクトフェリンの特徴のひとつに胃酸や酵素に弱い点があげられます。そのため、食べ物から摂っても、胃のなかにある酸やタンパク質分解酵素・ペプシンなどで多くは分解されてしまいます。
それに加えて、熱にも弱いという点があり、搾りたての生乳には含まれていますが、加熱処理を行って店頭に並ぶ市販の牛乳にはラクトフェリンは残念ながらほとんど存在しないと考えられています。

ページのトップに戻る