プティレアージュ公式サイトへ

免疫グロブリンって何?

最後にホエイタンパク質の一つ、免疫グロブリンを紹介します。

【免疫グロプリン】
免疫の中で大きな役割を担っているのが免疫グロブリン(Immunoglobulin、略称Ig)で、もともと体内にあるタンパク質で、血液中や組織液中に存在しています。

免疫グロブリンには、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類があり、それぞれの分子量、その働く場所・時期にも違いがあります。

体の中にはたくさんの抗体産生細胞があり、それぞれの抗体産生細胞からはひとつの種類の抗体(モノクローナル抗体)がつくられますが、血液中ではこれらが一緒になってしまうので、モノクローナル抗体がたくさん集まったポリクローナル抗体(免疫グロブリン)になります。

効果としては、呼吸器疾患の病因となるインフルエンザ菌や肺炎連鎖球菌などに対して強い殺菌作用があります。また、免疫力の弱い乳幼児において、病原菌の侵入を防いでくれます。

副作用は基本的にありあせんが、薬など治療で大量に摂取した場合は、肝機能障害、悪寒、発熱などがあるようです。ごく稀ではありますが重大な副作用として過粘稠症候群、ショック、急速投与による肺水腫などが知られているそうですが、通常通り摂取する分には問題はないです。

ページのトップに戻る