プティレアージュ公式サイトへ

ホエイの健康効果は?

ホエイには様々な効果があるとされていますが、ここではホエイのもたらす健康効果について見てみましょう。

【ホエイのもたらす健康効果】

1.筋肉を修復する効果
ホエイたんぱく質は、体内で合成することのできない必須アミノ酸を多く含んでいます。必須アミノ酸とは、人間の筋肉を構成するたんぱく質を生成する重要な成分です。
ホエイたんぱく質を摂取し、体力トレーニングを行うと脂肪や体重が減少し、体力および筋肉が増強されたということもわかっています。このため、ホエイには筋肉を修復してくれる効果があるとされています。さらにホエイたんぱく質は、たんぱく質の中で最も多くBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を含んでいます。BCAAは運動時のスタミナ源となったり、筋肉の疲労回復に働きかける効果があります。その他にも、不足すると疲れを生じる、運動時のエネルギー源であるグリコーゲンの貯蔵を促す効果があります。エネルギー源であるグリコーゲンが不足すると、スタミナを維持できず、体に疲れが生じます。

2.骨の健康を保つ効果
ホエイたんぱく質には、骨をつくる細胞を増やし、骨を破壊する細胞の働きを調節する「MBP」という成分が含まれています。そのため、骨の健康を保つ効果があります。さらにホエイたんぱく質は、骨にカルシウムをつきやすくし、また骨からカルシウムが溶け出さないように防ぐ働きがあります。
このようにホエイたんぱく質には骨の健康を保つ効果があります。

3.免疫力を高める効果
乳清タンパクの主な効能として免疫機能の強化があるため、肺炎レンサ球菌やサルモネラ菌などの感染症に対して優れた予防効果があります。
また、全ての細胞中にグルタチオンという抗酸化物質が存在するものを増加させる作用があります。グルタチオンは、活性酸素(フリーラジカル)から守ってくれることに加えて、体内の免疫システムを活発化させる効果を持っているのです。
しかし、加齢によってグルタチオンは減少しやすくなります。そうするとアルツハイマー病の発祥や老化の促進を招きます。グルタオチンを増加させるホエイたんぱく質には、特にこのアルツハイマー病予防につながると考えられています。
また、グルタチオンは、ウイルスや細菌などの異物から体を守ってくれる効果があるため、インフルエンザウイルスに対抗する働きやアレルギー症状の予防・改善も期待されています。

ページのトップに戻る